スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武田信玄と上杉謙信 川中島の合戦を見た海外の反応とか

天と地と 金かけてまんな~
今はCG使ってしまうんでしょうが、やはり本物は迫力が違います。
海外の反応も含めてご覧ください。



■ お~い!頼むからせめて英語に訳してくれ~! タイ

■ あのさぁ
  この映像ってカナダのカルガリーで撮影されたの知ってる? アルバニア共和国

  ■ わぉ!マジで?
    カナダ人としてちょっと鼻が高いわ(笑) カナダ

■ かっけ~ 香港

■ 何で子供が太鼓叩きだしたんだ?
  俺、ちょっとこの突拍子もない展開にパニクってる
  頼む誰か説明してくれ! アメリカ

  ■ 南北戦争でも鼓笛隊使ったろ、多分あれと似たようなもんじゃね? アメリカ

    ■ で、でも、ぶっ殺されるの分かってて出てくのかよ? アメリカ

      ■ う~ん、でもまぁ確かに効果的な戦術とは言えんわな アメリカ

■ 僕には神に勝利の祈願をしているように映るけど アメリカ

■ 赤は武田軍って分かるけど、相手方は誰だっけ? アメリカ

  ■ 知らないのかい?
    これは武田信玄と上杉謙信の川中島の合戦だよ
    超有名な戦だからwikiで調べてごらん ベトナム

■ おまいら日本の中世の映画知ってたら紹介してくれない?
  だいたい十二世紀から十三世紀のやつ探してるんだけどさ スペイン

■ ていうか最後子供が太鼓叩いてる意味教えてよ アメリカ

  ■ 「諏訪神軍」女武者
    「命は一代、名は末代、名を惜しめ」と彼女達は言っている 日本

■ 僕は色彩には芸術要素が含まれている事を
  十分理解しているつもりだけど
  それにしても戦地においてこのカラフルさは
  どうしても軽薄に見えてしまうな アメリカ

  ■ そりゃ一族に固有のカラーを持つ事は彼らにとって
    とても意味のある事だったんだろうよ アイルランド

    ■ しかし鎧とかの拘り見てるとちょっとやり過ぎって
      感も否めんなぁ アメリカ

  ■ 確かにこの時代の戦闘服は世界中どの国をとってみても
    日本のそれが一番カラフルで派手だった思うわ オーストラリア

■ うう...
  どうしても女の子が銃で吹っ飛ばされるシーンを見ると泣けてしまう
  奇遇にも彼女にこれを見せたら同じシーンで泣き始めたよ アメリカ

  ■ けっ屁たれが
    お前はキンタマ付いとんのか? アラブ首長国連邦

  ■ おいおい、マジでそんなんで泣いたのかい? カナダ

■ 疾如風 徐如林 掠如火 不動如山(原文ママ) 台湾

■ なんか槍で突っつき合ってるシーンで思わず吹いちまった カナダ

■ これは素晴らしい映画だねぇ
  僕はハリウッドで働いていたんだけど、このように人の流れが
  円滑かつスムーズに動いているのを見た事がないよ
  特に馬の操作やら世話やらするのが大変なんだぜ
  これだけの人に飯を食わすだけでもえらい事だよ
  ファンタスティック! ウルグアイ

  ■ でも君は知らなかったのかもしれないけど
    このクールな映像はカナダで撮影されているんだぜ アラブ首長国連邦

■ 上杉と武田って水と油のような関係だったんだよね(笑) フィリピン

■ ていうかそろそろこれの完全版は何処で手に入れたら良いのか
  誰か教えてくれよ! チェコ

■ おっと~!
  こんなとこでこの映像を発見する事が出来るなんて思いもしなかった!
  実は俺の親父がこの映画の戦闘シーンに出演してるんだ
  しかも撮影地も俺の住んでるとこの近くなんだぜ
  ちょい自慢、センキュ~! カナダ

  ■ わぉ!それは素晴らしいね
    そういう逸話を聞くとこっちも嬉しくなるよ
    ハリウッドはCGなしにこんな素晴らしい戦闘シーンを
    映像化するのは不可能だろうからね アメリカ

■ ハリウッドの偽物CG効果をしない本物の映像は
  天と地との名シーンだよね ベルギー

  ■ 僕は全ての手法を一応肯定してるけど デンマーク

■ イエ~
  僕は家族と一緒にこの映画を観て大いに楽しませてもらったよ ハワイ

■ 日本は世界1!
  banzaiiiiiiiiiiiiiiii
  banzaiiiiiiiiiiiiiiiii
  banzaiiiiiiiiiiでベストの国です!(原文ママ) セルビア

■ やぁ、ポーランド人な僕にこの映画を手に入れる方法は無いんだろうねぇ
  でも日本なら今でも購入かのなのなかい? ポーランド

スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

呪怨とリング怖いのはどっち? 海外の反応

話はリングと呪怨のハリウッド版リメイクThe Grudge vs. The Ringの話から飛び火して、日本のオリジナルとの比較にも言及していてなかなかの盛り上がり。
個人的にも甲乙つけがたいですが、とりあえずハリウッドバージョンはやはり怖さが半減してしまう感じがしますね。
白人だとあの日本の幽霊独特のジト・・・とした陰に籠った怖さは出せないような...。
とりあえず海外の反応も含めてご覧ください。




■ リングの最後のシーンが俺をメチャクチャにしやがった カナダ

■ ひぃ!呪怨!
私はこの映画を知らないけど...
  でも日本映画はホラー映画の中で最も怖いと思うわ アメリカ

■ わぅ!
  リングを4歳で見た時の記憶を僕は今でも鮮明に覚えているよ
  あの最後の不穏なシーンをね
  不覚にも久しぶりにこれを見つけてしまったおかげで
  あの日の恐怖がまた甦ってしまったじゃないか! アメリカ

■ 僕は友達と二人でこの映画を観にいったんだ
  ああ、野郎二人でね
  で、劇場でこの映画を観ながらTVから奴が出てくるシーンを見たってわけ
  ママー!ママーーー!ってまるでゲイみたいな声で
  叫んでしまったよ インド

■ イーブン!両方同じぐらいおっかねぇよ アメリカ

■ 呪怨の勝ち!僕ならそう答えるね! ノルゥエー

■ 呪怨の方が明らかに怖いだろ ドイツ

■ もう!また眠れなくなっちゃったじゃない! カナダ

■ これ両方とも僕のすっごいお気に入りなんだ
  とっておきの僕のお気に入りコレクションの中に保持してある
  とても自分のお気に入りに1番を決める事なんか出来ないよ プエルトリコ

■ 絶対に呪怨だ!
  見たら絶対みんな同意すると思うよ! アメリカ

■ 僕は絶対リングだと思うけどねぇ
  ていうか呪怨は退屈過ぎて全部見るまえに辞めちゃったんだけどね
  リングのテープにまつわる話は精神的な恐怖を伴う話だろう?
  おかげで見るたびに僕をゾッとさせるんだ...ふぅ
  さて、もう一回見直すとするか アメリカ

  ■ でも呪怨は更に怖いわよ
    私シャワー浴びる時とか今だにビクンとしちゃうもの アメリカ

■ 知ってるかい?本当の呪怨はJU-ONと呼ばれていて
  マジやばいくらい怖ぇんだぜ アメリカ

■ ま、いずれにせよアメリカ版は日本版に比べれば
  屁みたいなもんだけどな イギリス

■ ていうか、呪怨は怖すぎよTT-TT アメリカ

■ リングの方が怖いと思う
  呪怨は観客を怖がらせることに焦点を当ててるけど
  リングは精神的にくる設定なんだよね 国籍不明

  ■ みんながこの二つ映画に興味があるというなら
    日本語版の呪怨の方がかなり精神的に怖いわよ
    ハリウッドが何でわざわざリメイクしたのか分からないけど
    怖さがジャンプアップする事間違いなしね
    残念な事に一番怖い伽椰子の夫の殺戮シーンとか
    女子高生が徐々に精神的に病んでいくシーンがハリウッド版では
    削除されてしまっているからね オーストラリア

■ 日本版はもう、ただただ怖いの一言に尽きるよ
  両方とも驚異的に怖いよね
  ちなみにアメリカ版は退屈だった ドイツ

■ リングの方が私はメチャメチャ好きだけど
  呪怨は確かに怖いわ ポルトガル

■ 両方バージョンとも怖いと思うけど僕は呪怨より
  ハリウッド版のThe Grudgeの方がベターだと思う アメリカ

■ うそでしょ?、リングと呪怨の日本版のやば怖さときたら...
ハリウッド版なんてあんなの初心者用のカジュアルバージョンじゃない アメリカ

■ 僕はいくつものホラー映画を観てきたけど
  ホラーで笑ったのは呪怨4だけだね
  でもリングはいまだに僕を悩ませ続けてる... アメリカ

■ 呪怨見て俺は完全に腰抜かした
  いや、マジでなんだけど カナダ

■ この二つのビデオの最後のクライマックスシーンを見せられたら
  誰だってみんな度肝を抜かされる事だろうね クロアチア

■ 絶対リングよ!
  だって私はいまも電気消して眠れないのよ! アメリカ

■ Kayakoはとにかく、ただ怖いのよ
  だって私は彼女を見て立つことが出来なかったんだから
  サマラは醜いという印象と恐ろしいという感じかな アメリカ

■ もう絶対リング*__* スイス

■ リングは最高のホラー映画だと思う
  でも最高に怖いのは呪怨 デンマーク

■ 神様!
  Kayako対サマラで1本映画を造ってください! イギリス

■ 1:28-1:33のシーン凄いな
  僕はスープも飲む事ができないよ アメリカ

■ 呪怨の方がはるかにおっかねぇけど
  素晴らしいのはリングだな
  てことで、俺的にはリングの勝ち アメリカ

■ アメリカ版のThe Grudgeは皆の期待を裏切らない怖さだった
  しかし、日本版の呪怨の方がず~っと怖い アメリカ

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

雨あがるを観た海外の反応など

これは私がまだかみさんと結婚する前に二人で観に行った記憶が...(遠い目)
主人公がおだやかって事もありますが、割とスッキリ後味良く観れた気がします。
侍フィクションで風間杜夫が演じた役とちょっと似てる感じですかね。

ていうか、やっぱり外人さんはチャンバラ好きですねぇ。
海外の反応も含めてご覧ください。



■ 槍の男マジ笑える(笑)
  演技の域を超えてんだろ 国籍不明

■ 彼が使っているのは大東流合気術だね セルビア

  ■ 本当にそうなのかい?
    大東流にこんな剣術があるのか? ニュージーランド

■ 槍の男は「見ろ、私の武器はお前のより長いんだぞハハ~!」って
  言ってんのかな ドイツ

■ 僕はこの映画が大好きなんだ
  誰かこれのオリジナル小説の入手方法を教えてくれないか? アイルランド

■  3:51のシーンすげぇ!
   最高のスキルじゃん! アメリカ

■ いや、最高は6:48の首が切れた血しぶきシーンだろ 国籍不明

■ ていうか最後のシーン...
  な、何てこった... ブラジル

■ クールじゃん マレーシア

■ どうして彼にやられた方が切られてないのか分かる奴居る?
  刀を反転してるのか?
  頼む誰か説明してくれ~!  コロンビア

  ■ 実際切ろうとしてないからね
    切れる方が当たらないように剣の裏側を使っているのさ アメリカ

    ■ サンキュー!アミーゴ! コロンビア

■ グレート! オーストラリア

■ 彼が多用してる技は合気道でいいのかな? フィリピン

■ こいつは凄い殺陣シーンだ!クールな映画だぜ!^^ ドイツ

■ 凄いですよ!(原文まま) ブラジル

■ 槍のシーンは面白かったね
  特に茂みに突き落とされるシーン(笑) シンガポール

■ 相手のミスを誘う彼の剣術が格好いいと思う
  最小限の動きで切っ先をかわして相手のミスを利用する剣術がね イギリス

  ■ それに彼は最初から殺すことを望んではいないから
    剣の裏側を使っているんだぜ アメリカ

■ お~!そうだったのか! イギリス

■ 僕はこのキャラ設定が大好きなんだ
  最も穏やかで最も悪い主人公のキャラクターがね アメリカ

■ 攻撃をかわす時に使う合気道の技が凄く印象的だな
  僕はこの映画に凄く興味を持ったよ フランス

  ■ これは黒沢明が書いた最後の脚本なんだぜ
    そして彼が亡くなって間もなく撮影が開始されたらしい アイルランド

■ はっきり言えるのは
  僕が今まで見てきたどんな映画よりも素晴らしいって事だよ オランダ

■ この映画を全編観たいんだけど
  これって誰もが知ってるほど有名な映画なのかい?
  見つけるのは簡単なのかな アメリカ

  ■ 日本のヤフージャパンで探してみれば良いんじゃない アメリカ

■ 最後の殺陣シーンは先頭の彼をまず討つのがセオリーだと思うけど
  それでも僕が今まで見た映画の中で
  一番実戦的な戦法を用いてると思うよ 日本在住

■ ひゅぅ!クールだぜ!@_@ カナダ



よかったらこちらもどうぞ

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

プロフィール

japanasonlyone

Author:japanasonlyone
日本にまつわる海外評を思いっきり意訳しちゃいました。
また日本にまつわる国内ネタも提供していきます。
使い古されたネタも多々ございましょうが、老舗には無い小店舗ならではの味を出していければ良いなと思っております。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
かまわぬ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。