スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジテレビデモに見るメディアとネットユーザーのボタンのかけ違い

いつ頃からだろうか。情報収集アイテムとして新聞やTVに代わってインターネットが台頭しだしたのは。
韓流ごり押し、洗脳。そんなことされて堪るかと一部のネットユーザーが騒ぎ出しマスコミはそれを無視するという平行線のままここまできている。
騒いでる連中は韓国が嫌いなのか?うむ、それもあろう。
しかしそれが主たる原因ではない。
多分TVや新聞、これまで情報を世間に伝える媒体として長らくリードしてきた事でことの本質を当事者たちは理解しきれていないのではないか。これ、D通も含めてだけど。
もうあなたたちがリードして情報を多少誇張して流行を作り出したりすることは無理になってきているって事、もちろん頭の中では分かりかけてはいるけれでも、染みついた風習でステレオタイプな流行の作り方をやめられなくなっているのではなかろうか。
KPOPを流行らそうとするのが悪いのではなく、KPOPが流行っていること、韓国が流行りだと断じてしまう事が時代的に難しくなってきているのだ。
だってそうだろう。
KPOPに興味をもったら韓国に興味を持つのは必然なのだ。
そうしたらどうする?ネットで韓国の事を調べるだろう。今更新聞やTVで情報収集する奴なんか居ないだろう?
韓国のネットで日本のことがどう書かれているのか、韓国のメディアが日本のことをどう表現しているのか、すべてダダ漏れになってしまうのだ。
そう、韓国はいまだ日本が世界一嫌いな国であるという事をKPOPに興味を持った輩はすぐに気付いてしまうのである。
震災で津波を被ったときに、日本沈没、日本が韓国の防波堤になった、日本の震災は韓国企業にはチャンス等々、ネガティブな情報がすべて白日の下に曝されてしまうのだ。

綺麗な所だけ見せられたら扇動されてると不愉快に思う輩が出るのは必然。
KPOPアイドルが悪いわけではない。
良いところだけ出して、本当の部分を隠そうとするメディアが愚かなのだ。
マスメディアは綺麗なところもそうでない所も情報を正確に伝えるのが本当の仕事であるはず。
姑息な情報操作などしてないで、本当の韓国も表現してあげてれば、反日の国なのに日本にあえて挑戦しようとする彼女たちの気概を買うファンだって増えるかもしれないじゃないか。
それが健全なありかただと私は思う。

スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

じゃんけんは日本が起源って本当?

意外や意外。
わりと何処にでもあるもんだとは思っていましたが、まさか日本発だとは思いませんでしたね~。
中には不平等なじゃんけんもあるようで。
でも江戸時代っていうのは割と新しいんだなというのが正直な印象です。
もっと前からあったのかと思ってました。

価値のない物に価値を見出す

先日のTv番組でアフリカだか南米の小さな国のTV局のスタッフを招いて日本の文化を体験してもらうという特集をやっていたのですが、帰り際に「日本人は価値のない物に価値を見出すのがとても上手な民族だと思った」という感想を残して彼らは去っていきました。
それは江戸切子の職人芸を見てそういう感想を持ったようなのですが、彼らのとってはガラスのコップは単なるガラスのコップでしかなかったわけで、そこに精密な細工を施すことで価値を作り出す。そこに彼らは感銘を受けたようでした。

この動画は盆栽を学びに来るドイツ人のニュースであります。
ただの木なのに何十年も何百年もややもすると何千年も世話をすることで価値を作り出す。
そこに彼らは感銘を受けたのでありましょうか。
他国の人に興味を持ってもらうというのは嬉しい事ですよね。


アメリカ人屏風絵氏 アラン

探してました。
もう何年ぐらい前になるんですかね。
たしか日本語版ニュースウィークに彼の事が載っていたのが彼に対して興味を持つようになったきっかけでした。
うわ~良い絵を描くなな~と、まだその頃は和に関してあまり興味を持っていなかった私でも、その画力に圧倒されたのを覚えています。
しかし、それはあくまで紙面上での感動であってそのあと引きずることはなかったのです。
彼の事を思い出したのはしばばらくして和に関するネットショップを立ち上げるようになってからの事です。
あの絵をうちで売れたらいいな~などと思っていたのですけど、それは淡い思いであってネットで調べてみるなんてこともませんでした。
でもその絵に対する感動だけは残っていて、でもその絵の残像は時間がたつにつれてあやふやになっていくに連れて、もう一度見てみたいという想いが強くなっていったのです。
そしたら今朝TVで彼のことが特集されてるではないですか!
あ~!これこれ!そうそうす!ってTVにかじりついていたら、娘からプリキュア見せろと大ブーイング、途中撤退を余儀なくされたのです。無念!
でもネットで名前だけは確認しましたよ!
ずいぶん前の映像もアップされていたので掲載しておきます。
この映像ではアランさん、英語での会話になっていますが、今は日本語ぺらぺら、流ちょうな日本語で話しておりました。
日曜の朝からよっと得した気分であります。

由紀さおり 夜明けのスキャット

欧米で大人気だそうです。
しかも日本語で。
宇多田ヒカルをはじめ多くのミュージシャンが米国市場に野心をいだき、米国のプロデューサーにいいように弄られ、本来の良い所を削られて失敗するというパターンを見続けていただけに、じゃあ今までのあの彼ら苦労は何だったの?という気持ちにさせられます。
良いものは放っておいても、誰かが勝手に拾って勝手に広めてくれるという事なのでしょうか。
米国も裸同然のグラマーな女性が体をくねらせてながらダンスを踊るという退廃的なパターンに飽き飽きしてるのかもしれませんね。
まぁ、日本もひとの事言えませんが。

日本の音楽市場アメリカを抜いて1位に

日経の記事から。今年上期の日本のCD+配信の売上高は約1570億円の見込みで、
これはアメリカを8%ほど上回る数字。
年間を通して日本がアメリカを抜くとなると、これは史上初。

市場規模の縮小は世界的傾向ながら、
アメリカは単価の安い配信へのシフトが速いため、ついに日米が逆転する形に。
全体に対するCD比率は、アメリカがすでに40%まで下がっているのに対し、
日本は今なお76%と高い。
CD全体が前年比で8%減という環境の中、シングルは逆に10%増加している。


だ、そうです。
音楽不況が叫ばれて久しいですが、米国は音楽配信がはじまる前からCDの価格破壊がはじまっていて、売り上げ枚数が伸びても売り上げ金額はそれほど伸びないという状況が続いておりました。
そこにきて音楽配信ですからね。一曲50〜150円ぐらいで売られた日にゃ、数さばいても知れてるという事なのでしょう。
しかしそれでも正規に購入してるだけまだマシってものです。
小生何気なくリアルプレイヤーをダウンロードしましたところ、何気にyoutubeで音楽PVを閲覧してたら画面右上にダウンロードしますか?のマークがしつこく出てくるわけです。
うざったいなぁと思ってスルーしてたのですが、何気に一回ボタンをぽちっと押したらいきなりダウンロード画面に切り替わるじゃありませんか!
うっそだろ〜!と思いつつダウンロード終了するのを待ち、確認してみるとまるごと奇麗にコピー出来ちゃってるじゃないですか!そんなんありっすか?
こんなのがまかり通ってたらあんた商売なんか成り立ちませんよ。
田舎の無人店に料金箱を置いて野菜売ってるのを見ましたが、あれに通ずるもんがある!いや、ちと違うか?
そりゃ音楽業界衰退するわけだよな〜。って
いや、そういう事を言いたいのではなく、日本の音楽市場とりわけ時代遅れに見えるシングルCDが伸びたというのは、まぎれもなくAKBによる貢献度が絶大でしょう。
つまりはなからヲタに特価した商法に切り替えパッケージに価値を見いだそうとしたわけですね。
頭い〜!
てか、いまだCDが主流の日本だからこそできる商法ですな。
収集癖がないとCDなんて邪魔になるだけだから、ってかくいう自分もCD派。
ネットで色々言われているようですが、あるだけマシってもんじゃないですか?AKBすら無くなったら本当に寂しいもんですよ。
KPOPアイドルだって自国で稼げてるんなら何も日本に足しげく通ってくるわけないですからね。
ふしぎなもんで、最初はぜんぜん見る気しなかったのに、最近は結構いいかもと思えてきました。
刷り込まれちまったのかな〜

はじめに

こういうご時世ですから日本の嫌な部分ばかり目につきがちですが、こういう時だからこそ、日本の良い部分、また良かった部分をクローズアップしていこうかなと思い立ち、当ブログを立ち上げました。
やれ政治が悪い、だれが悪いといと人に文句を言ってられるような悠長な時代は終焉を迎えたと思います。
これからはおかしいと思ったら自分で何かをする時代。もんくがあるなら自分でよくできる部分を探していきたいものですね。

てことで、脈絡なく今回は戦前の日本の動画が何と奇跡的に残っていたというので、ちょっと感激した次第で掲載させていただきました。
何とまぁ綺麗じゃないですか。この日本が焼け野原になってしまうとは。
でもそっからまた復興を成し遂げるんですから、日本人と言うのは本当に粘り強い民族なんだなぁと思いますよ。

プロフィール

japanasonlyone

Author:japanasonlyone
日本にまつわる海外評を思いっきり意訳しちゃいました。
また日本にまつわる国内ネタも提供していきます。
使い古されたネタも多々ございましょうが、老舗には無い小店舗ならではの味を出していければ良いなと思っております。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
かまわぬ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。