スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士の樹海、青木が原に対する海外の反応とか

観光名所と自殺の名所というのは隣り合わせみたいなところがありますよね。
華厳の滝なんかも、そうだと思いますが、人間死ぬときはせめて美しいところで逝きたいと願うのでしょうか。
白骨化した遺体をみる気持ちというのは、もっとオドロオドロした怖いイメージがありましたが、こうして現実に目の当たりにすると物悲しい空気が漂っているような・・・なんかどうやって表現していいのか分かりませんが。
中には宗教上の理由や日本特有の抑圧された生活体型に問題があるという意見も多々寄せられているようで。
その辺どうなんでしょうか。
確かに死=無
と断定してしまうと、自殺しちゃダメって説得するのは難しくなるような。
どうせだれしも無に返るなら、早めに逝って何が悪いという考え方も成立しちゃいますよね。
私?
私は日本人によくあるクリスマスにはケーキを食べ、正月には神社に初もうでにいき、お彼岸には墓参りにいくごく極々一般的な日本人家庭に生まれ育ったほ無宗教者ではありますが、死=無
じゃなかった場合の事を考えると一応どんな無様な生き方であっても保険の為に死ぬまで生きようと思っております。
一応やるだけやってみたけど、何もできずに人生終わっちゃいましたとご報告できるところまでは生きてみようかなと。
途中退学は何かペナルティが課せられそうで怖いんですよね。
何の根拠があるわけでもないんですけど。
ま、じっさい逝ってみたら無だったら無でいいんだけど。



■ 日本人っていうのは自殺の時ですら
  綺麗に死のうとするんですね... アメリカ

■ 俺はそれでも腐ったEUなんかより
  日本とドイツの方がよっぽどましだと思うぜ ドイツ

■ 非常に美しい森よね
  きっと死んでも美しい富士山に抱かれたいと思うんじゃないかしら
  そういう日本人の気持ちは何となく分かるわ 国籍不明

■ 日本人の友人からこの森について説明してもらったけど
  死ぬほどリラックスできる森だから
  そういう連中が集まってくるんだってさ スゥエーデン

■ どうせ死ぬんなら俺だってあそこで死にたいさ ラトビア

■ 怖い、日本はそんなに日常抑圧された時間を過ごしているのかしら ブラジル

■ 死を選ぶための美しい森という感じがする
  僕ならディズニーランドを選ぶかな オーストラリア

■ この男性の精神は偉大だと思う アメリカ

■ このドキュメンタリーは一見暗い内容だけれど
  何かを気づかせてくれる話だね イギリス

■ 彼は凄く暖かい人のように感じるわ アメリカ

■ 一人で死んでも、本当に一人ぼっちの人は居ない
  残された家族や友達が居るんだよね
  かれの金言は胸に響くよ カナダ

■ 僕は数年前から樹海の自殺を研究してるんだ
  これは非常に現実的な問題に光を投げかけたドキュメンタリーだよね カナダ

■ 実は僕、いま樹海の近くのホテルに泊まってるんだ
  この森を探索すると100%の確率で遺骨が見つかるらしいね ベルギー

■ 遺体より靴の方が長生きするのかよ、怖い話だよな オーストラリア
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japanasonlyone

Author:japanasonlyone
日本にまつわる海外評を思いっきり意訳しちゃいました。
また日本にまつわる国内ネタも提供していきます。
使い古されたネタも多々ございましょうが、老舗には無い小店舗ならではの味を出していければ良いなと思っております。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
かまわぬ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。