スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳生新陰流居合術 海外の反応とか

こういう動画というのは海外のマニアックな人達が好んで見ているんでしょうかね
残心とかいう業界用語を普通に使っていたりして、ちょっと驚きました。



■ これはいったい何をしているんだい? エストニア

  ■ 全く無駄な動きを無くした居合のパフォーマンスですよ 日本

■ 彼が刀を持って跪いてるから切腹するのかと思っちゃったよ== 台湾

■ 技術と感情の繊細な組み合わせが
  美しいフォームに直結している訳だね アメリカ

■ 2時40分は信じられないほどの動きだ
  よく鍛錬してるんだろうな アメリカ

■ 彼の動きは非常に流動的で驚きを禁じ得ない
  彼を目標としていつか彼の半分ぐらいのレベルに到達できる日が来る事を願っっているよ
  ところでこれは何処で教えてくれるんだい? ルーマニア

■ 驚くべき技術レベルだ
  古代の伝統がまだ死んでないというのは素晴らしい事だよね イタリア

■ 息を飲み込みながら見入ってしまったよ
  投稿してくれてありがとう アメリカ
  
■ わぉ 美しい身のこなしだねぇ カナダ

■ 侍やカウボーイの復興主義野郎共にはもううんざりだ
  過去の武士たちのいでたちをクールだと考えて趣味とする人達の
  ビデオの為にyoutube動画を再生するべきではないよ
  まったく嘆かわしい... アメリカ

  ■ これを観た100万人の閲覧者はこう言うだろうぜ
    これは伝統の再現ではなく保全だとな
    あんたの国の伝統であるチャンさんとやらの風水の致命的なセンスより
    よっぽどいい感じだろう カナダ

    ■ 僕は素手の武術は認めているんだ
      たとえば今カウボーイが拳銃をつきつけたら即逮捕だろう、剣も同じさ
      要するにこれらは死んだ芸術だと言ってるのさ
      そういう意味で素手の武術こそ最良だと言えるだろう アメリカ

      ■ 君の価値観で勝手に武器と死んだ芸術をより分けてるだけだろう?
        毎日使う事が出来ないというだけでどうしてそれを死んだ芸術だと
        言いきる事ができるんだい?
        一部の人がそれに価値を見出してるならそれでいいじゃないか フィリピン

      ■ 君だって世の中に文化や伝統というという言葉があることを分かっているはず
        君だって過去の人達が残したものに価値を見出す事だってあるはずだ 日本
        
        ■ はい
          ただ僕は人を切るという行為に生命に対する敬意を失しているのでは
          ないかと思いからそいう発言をしました
          丁寧に話してくれてありがとう アメリカ

■ 身のこなしが半端ないね
  グッジョブ!と言わせてもらうよ ルーマニア

■ かっきぃ~!
  まず姿勢が格好いいよね
  非常に印象的だった アメリカ

■ うぉぉお!
  youtubeで見てるだけなのに
  まるで自分が刺してるような感覚になるぜ カナダ

■ 誰もこれが何流なのか分かってないのかい? アメリカ

  ■ これは柳生新陰流さ
    無双心伝流ではないね オランダ

■ みんな剣道と居合をごちゃにしてるみたいだけど、言っておくけど二つは別物だからね
  居合道は400年以上の歴史があるんだ
  スポーツ剣道が発祥したのが17世紀~18世紀頃
  スポーツ剣道は真剣を用いずいくつかの制限を設けた感じだよね
  多くの剣道の先生は居合の技術を持ち合わせていないんだ アメリカ

■ 残心がグレートだ ギリシャ

■ 素晴らしい足の運びだ
  僕はそれを一目見てこいつは本物だと悟ったよ、ピース! アメリカ

■ 偉大なデモンストレーションだった
  彼をリスペクトするよ イタリア

■ 非常に素晴らしい!
  ところで新陰流って何だい? カナダ

■ これはかなりレベルの高い居合の演武だね
  彼の精神は非常に研ぎ澄まされているようだ
  真の居合を観た気分だよ 国籍不明

■ ヒュ~!これが柳生流ってやつか アメリカ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【柳生新陰流居合術 海外の反応とか】

こういう動画というのは海外のマニアックな人達が好んで見ているんでしょうかね残心とかいう業界用語を普通に使っていたりして、ちょっと驚きました。■ これはいったい何をしてい...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japanasonlyone

Author:japanasonlyone
日本にまつわる海外評を思いっきり意訳しちゃいました。
また日本にまつわる国内ネタも提供していきます。
使い古されたネタも多々ございましょうが、老舗には無い小店舗ならではの味を出していければ良いなと思っております。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
かまわぬ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。