スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新幹線ドクターイエローと500系を見た海外の反応など

500系は素人が見るとやっぱり一番格好いいですよねぇ。
ジェット機がレールを走ってるみたい。
空力学的には問題があって早々に製造中止になってしまったようですが、700系もいいですが、やっぱり500系が断トツ格好いいのであります。ドクターイエローというマニアックな車両に海外の鉄道マニアも興味津々のご様子。
反応も含めてご覧ください。



■ 日本人は楽園に住んでるんだな
  こんな国は世界中見渡したって何処にもないよ ロシア

■ 僕はちょうど日本から帰って来たばかりなんだ
  そして東京から横浜までこれに乗ったのさ
  すっごくスムーズかつ高速で最高だったよ
  それに外貌はジェット機みたいなんだぜ
  僕は完全に新幹線を愛してしまったよ
  素晴らしい!ヒャッホ~! アメリカ

■ 新幹線て飛行機と同じぐらいコストがかかるのかい?
  僕はアメリカに住んでるからすぐに乗るあてはないから
  単に好奇心から聞いただけなんだけどね アメリカ

  ■ 良い質問だね
    それは目的地とシーズンにもよるんじゃないかな
    しかし基本的には遥かに安いと言えるだろう アメリカ
    
■ ドクターイエローは旅客車なのかい?
  一応これは乗り心地を記録する為の車両だって事は知ってるんだ
  でも一般の人でも乗車することが出来るのかな?と思って
  それともやっぱり鉄道職員専用車両なのかな? インド

  ■ いや、これは検査専用車両だよ
    スタッフ以外の乗車は許されていないんだ 日本

■ 6:24子供発見! イタリア

  ■ 可愛いよね.(´・ω・`) 日本

■ 僕が日本に行く事にした理由がこれさ アメリカ

■ 鉄道じゃ日本はアメリカの1000年先を行ってるな
  俺たちニューヨーカーは毎日ださい地下鉄や
  列車を乗り続けてるっていうのに アメリカ

■ 乗りてぇ!でも俺ん家はアメリカなんだ、ちぇ アメリカ

■ この映像からは日本の鉄道がいかに素晴らしいかを窺い知る事が出来るよね
  アメリカの何人かの政治家はアメリカにもこういう高速列車を走らせようと
  躍起になっているようだけど多分頓挫するだろう
  だって彼らはの多くは車やトラック社会に支えられているんだから アメリカ

  ■ コストも重要な要因なんじゃないかな 日本

  ■ アメリカ人は見知らぬ他人と
    長時間座席を共にするのが好きではないのさ アメリカ

■ まかり間違って線路上に落ちでもしたら
  いくらジャンプしたところで通過列車から逃れる術はないんだろうなっ>.< アメリカ

■ なんか怒ってるワニみたいに見えるな 日本在住

■ いや種馬みてぇだ アメリカ

■ すばらしいビデオ!魅惑的な列車だね!
  日本以外でこんなの見たことないよ。
  あなたの撮影による労力と時間に感謝! アメリカ

■ レールの上をコンコルドが走ってる訳じゃないんだぜ 国籍不明

■ 500系は格好いいよね!
  日本のデザイナーはドイツの車両も設計する必要があるんじゃないかな アメリカ

■ 素晴らしい!
  僕はかみさんとかみさんの家族と日本に行く予定なんだけど
  必ずこれは見に行かなきゃならないようだな
  これは本当に印象的だよ
  アメリカもこういうの持てばいいのになぁ アメリカ

■ 撮影したのは何処だい?
  もちろん日本だっていうのは分かってるんだが
  出来れば街の名を教えて欲しいんだけど ハンガリー

  ■ 岡山市内で撮影したんだ
    大阪から約100マイル西の街さ 日本

■ 非常にクールなビデオだよね
  僕はドクターイエローのファンだからTOMIXのNゲージを持っているんだぜ 国籍不明

■ ベリーグッド!
  子供たちはドクターイエローが大好きみたいだね スイス

■ Very very good video !!!
  特に500系最高!! ポーランド


よかったらこちらもどうぞ

スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

製造数が少なかったのは、空力学的な問題というより
JR東海側の求める東海道新幹線区間の運行要件を満たせず
(戦闘機型の長いノーズのせいで、先頭車両の座席数が少ない)
JR西日本単独開発となり、運用にも制限が出てしまったためです

早々に山陽新幹線でのみの使用になり、引退するのもそれが理由です
プロフィール

Author:japanasonlyone
日本にまつわる海外評を思いっきり意訳しちゃいました。
また日本にまつわる国内ネタも提供していきます。
使い古されたネタも多々ございましょうが、老舗には無い小店舗ならではの味を出していければ良いなと思っております。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
かまわぬ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。