スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の伝統的家屋と蝉の声と海外の反応など

日本の伝統的家屋に対する評論から日本と外国人の蝉の声の感じ方に至るまで
なかなかに興味深いやりとりがあったので取り上げてみました
右脳と左脳の捉え方の違いという話は私も初めて聞きました
私が聞いた話だとアメリカは氷河期が長かったので蝉が20年に1度しか鳴かず
その分、一気に生まれるので日本より一層うるさいからだ、という話を聞いた事がありますが...
まぁ、とりあえず海外の反応も含めてご覧ください。



■ うわぁ、素敵なお家ねぇ
  でもセミの鳴き声うっさい!>.< アメリカ

■ ゴージャス!っていう言葉以外何も思い浮かばないよ アメリカ

■ 閑さや岩にしみ入る蝉の声というメジャーな日本の俳句を
  そのまんま体現しているような映像だねぇ 日本在住

■ 殆どの外国人は虫の鳴き声がノイズにしか聞こえないんだ
  一方、日本では季節の変化を表す抒情詩として使われたりする 日本在住

  ■ うそだろ?四季の変化を表す抒情詩だって?
    香港に来てみろって、癪に障るだけだ 中国

  ■ あら、私は自然の音楽祭って感じで心が癒されるわ アメリカ

  ■ 俺なんざ、50マイル離れた街からセミを40匹ほど
    とっ捕まえて来てうちの裏山に離してやったよ
    おかげで毎年奴らの合唱会を楽しんでるぜ! アメリカ

    ■ 音楽って思うとワンダフルに聞こえるよね 日本在住

      ■ んな訳あるかい! アメリカ

        ■ これは日本の大学教授の所見なんだが
          外国人は右脳(音楽脳)で日本人は左脳(言語脳)で
          昆虫の鳴き声を聞いているらしい
          つまり外国人は音楽として聞くからノイズにしか聞こえなくて
          日本人は言葉として捉えるから2000年前の書物からも
          虫の音を題材にした詩が出て来るんだって
          日本のベースはアミニズム文化だからね 日本在住

          ■ オ~!なるほど、そう言われると何か納得いくわ アメリカ

■ たった今からこの家は僕が思い描く理想の家となりますた カナダ

■ アメリカにもこういう落ち着いた
  たたずまいの家が有ったらなぁって思うよ アメリカ

■ ああ、何て美しいのかしら... T_T アメリカ

■ 日本の家屋っていうのはシンプルかつ清潔で非常にエレガントだよね
  実は僕の夢は和風の家屋に住む事なんだ アメリカ

■ これぞリアルアニメーションハウスじゃない!(笑)
  だってコオロギや蝉の鳴き声って言ったら
  思いつくのが日本のアニメだもん
  そのくら私はアニメが大好きだって事分かってくれる? オーストラリア

■ 日本の家屋って独特よね
  その日本の家屋だけがおりなす雰囲気と佇まいが大好きなの 国籍不明

■ 僕は今日本に住んでるから、是非ここへ訪ねてみようと思う
  そしてアメリカへ帰国したあかつきには、こういう日本の伝統的
  デザインの家を建てようと思っているんだ
  その為に凄く参考になりそうだ!ありがとう! アメリカ

■ こういうのが大好きだ!こういうのを愛してんだ!
  俺はこいつを手に入れる為なら数百万ドルはたいたって構わないぜ! アメリカ

■ なぁ、こういう家建てるのに
  だいたいどれくらいの資金が必要なのかな カナダ
  
■ 私は蝉の声好きよ
  だって故郷を思い出して懐かしい気持ちになるの フィリピン

  ■ ぐふっ...
    僕はこの大きな鳴き声を発する主が大嫌いなのに... イギリス

    ■ それだけは同意せざるを得ない 国籍不明

■ これは僕がこれまで見てきた最も美しい日本の伝統的家屋だと
  言っても過言ではないだろう
  なんったって僕は随分前から日本の伝統オタクだったからね
  その僕がこのビデオを見始めた瞬間から開いた口を閉じるのも忘れて
  映像に魅入ってしまったって訳さ
  あえて一言いわせてもらおう、ビューティフルであると! オランダ

■ どっからか忍者が飛び出て来そうな雰囲気だな アメリカ

■ ねぇ、蝉の声ってどうしてもこの映像のバックグラウンドとして
  聴かなきゃいけないようなものなの? アメリカ

  ■ うん、私の母の国では蝉しぐれって言って
    雨音として表現する事もあるみたい
    降るように聞こえてくるって事なんだと思う
    でも本当かどうかは分からないけど 国籍不明

■ もしこの家を購入したとしたら、いったいどれくらいかかるのかな
  俺の勘だと、だいたい$750000ぐらいかな?って
  推測してるんだけど、どうかな
  まぁ俺は日本の不動産情報を熟知してる訳じゃぁない
  ただの当てずっぽうなんだけどね アメリカ

  ■ いやいやいやいや...
    $100000000は下らねぇだろ オーストラリア

    ■ 言っておくけどここは東京の中心部なんだぜ
      ここの敷地面積は5.420㎡で家屋だけで574㎡ある
      仮に君がここに家屋だけの面積の土地を購入したとしても
      $5000000は優にかかる、あくまで土地のみでね イタリア

      ■ それにこういう日本の伝統的家屋というのは
        通常建築物よりもコストがかかるんですよ
        専門の大工さんや障子屋さんも不足してます 日本

        ■ そういう風に聞くと何か趣深く感じてくるよね
          それに蝉の声も日本の風景だと何故かアニメーション的に
          聞こえてしまう
          やっぱり日本はアメージングな国だと思うよ アメリカ

■ 私は来年から4年間日本で暮らせることになったの!
  あと心残りは愛犬だけよ アメリカ

スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

表音文字の存在というのも大きいのかもしれない
鳴き声を表記出来るというのは情緒に繋がる気がする

No title

コメントにもあったけどアミニズム文化という部分が大きいと思う
神道は自然崇拝、人は自然の中の一部という考え方
キリストやイスラムは人間こそがあらゆる生物の頂点という考え方だから
そもそも他の生き物の鳴き声に耳を傾けるという文化自体が殆どない

No title

ここで見るネタ全部昔他のサイトで見たわ

No title

そうか? ところで此処の最新記事を見てくれ。こいつをどう思う?

No title

バカンスを思い出してハッピーになるから、セミ柄が伝統服だって南部フランスおばちゃん言ってた
プロフィール

Author:japanasonlyone
日本にまつわる海外評を思いっきり意訳しちゃいました。
また日本にまつわる国内ネタも提供していきます。
使い古されたネタも多々ございましょうが、老舗には無い小店舗ならではの味を出していければ良いなと思っております。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
かまわぬ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。