スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代戦闘機F35頓挫で心神開発拍車か?

F4老朽化による次世代戦闘機の購入を急がねばならない状況の中。
なかば決まりかけてたF35の購入が頓挫しそうなのであります。
当初はラプター購入を計画していたのでありますが、あまりに開発費がかさむのと、先端機器を他国に見せたくないのとで米国側が開発自体をやめてしまったのが一昨年ぐらいの事でありました。
ラプターの魅力は、よーいどん!で飛び立ったらその時点で決着ついちゃってるぐらいのミサイルセンサーの性能のよさにあったそうです。加えてステルス性能といったとこですか。
ステルス性能は車でいうところハイブリットと同じで今や付いてて当然の装備になっているようです。
いくらミサイルのセンサー性能を上げてもセンサー自体にかからなければ意味がないですから、そらステルス付いてた方が決まってますな。
気になるのはお値段ですがいくらなんですかねぇ、ラプターが200億くらいとか言ってたけど、F35も下手したらそんぐらいいっちゃうのかな?
おっと重要なこと忘れてた。日本側がこだわる重要条件の一つにライセンス生産というのがあります。
つまりブラックボックス以外のところはこっちで作らせてちょうだいね、って事。
まあいざ戦争になっておたくに兵器譲らないなんて言われたら困っちゃいますからね。
最低限の組み立て技術は備えておきたいという事なのでしょう。たしかラプターはライセンスダメでしたよね。F35はギリギリOKだったのかな?ユーロファイターは全部OKだったはず。しかも断然安い。
となるとユーロファイターにしてその技術を応用して自家用戦闘機開発心神を作った方がお得という事にもなりますね。
いずれにせよ一機何十億はかかるんでしょうけどねぇ。いつかそんなものにお金を使うのバカバカしいという認識を皆が共有すれば貴重な資源とお金を費やさずにすむのに。



ブログ主のショッピングサイトよかったら来てね^^
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japanasonlyone

Author:japanasonlyone
日本にまつわる海外評を思いっきり意訳しちゃいました。
また日本にまつわる国内ネタも提供していきます。
使い古されたネタも多々ございましょうが、老舗には無い小店舗ならではの味を出していければ良いなと思っております。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
かまわぬ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。