スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金魚絵師 深堀隆介の製作工程を見た海外の反応とか

以前にも掲載した金魚絵師 深堀隆介の製作工程であります。
前回は海外の反応コメントなしでしたので、掲載してみました。



■ ちぇ、僕の芸術的スキルなんて彼のそれに比べたら
  まったく価値のないものに思えてきちゃったよ インドネシア

■ ただアメージングだとしか言い様がないわ アメリカ

■ なんか今日僕はこれまでで見た中で最も美しい芸術に触れた気がする アメリカ

■ これは信じられない芸術だよ、アメーーーーーーーーーージング!!!! インド

■ 僕はてっきり本物の魚を入れてるのかと思ってたよ
  まさか描かれたものだなんて思いもしなかった 韓国

  ■ まったくだ... アメリカ

  ■ しかし現実に描かれたものなんだ、事実を受け入れないとな -.- マレーシア

■ ていうか、何で19人もイクナイボタン押してんだよ! アメリカ

■ もう、言葉も出ません インドネシア

■ きっとこいつは世界一の忍耐力の持ち主なんだろうな オーストラリア

■ こいつは日本人にしか出来ない仕業だな アメリカ

■ わぉ!何ていう才能と創造性なんだ! カナダ

■ わりぃ、あの流し込んでる液体が何なのか分かる奴居る?
  知ってたら教えてくれ、頼む! ブルガリア

■ ていうか僕はまだこの3D金魚の描き方を把握しきれてない訳だが アラブ首長国連邦

  ■ 何度も樹脂を流しては断層を描いての繰り返しって事だろ? アメリカ

■ ていうか英語のコメントばっかw フィリピン

■ うぉ!これは完全に本物の金魚にしか見えないわ アメリカ

■ 私の美術の先生が学校でこれを見せてくれたの!
  誰もがクレイジーだって言ってたわよ アメリカ

■ わ~~~~~~~~お!!! アメージング!!!
  い、いや、ちょっと待て
  奴らはアジアンだ
  そう考えれば合点がいく スペイン

■ オーマイガッ! パ、パーフェクト... ブラジル

■ わ、私は他の誰かがこれと同じ手法を使用したとしても
  同じ領域に辿り着けるとはとても思えないわ * ___* ニュージーランド

■ もう・・・わぉ!ってしか言えんわ アメリカ

■ 僕はこの芸術に禅の世界を感じる 韓国

■ うぉぉぉおお!どう見ても本物の金魚にしか見えねぇ~~~!!! カナダ

■ アートスキルLVL:日本 タイ

■ すいません、何処でこれを購入できますか? ベトナム

■ 一言だけいう言葉を選べと言うなら、これが芸術って事だな ペルー

■ わぅ!グレートジャパニーズ!!! アメリカ

■ 私にこれを購入できるほどの生活的ゆとりがあれば
  フロアー全体にこれを飾るのに~
  きっと壮観だわ*w* ニュージーランド

■ すげ・・・ タイ

■ おい!これに良くないを押したマザーファッカーは何処のどいつだ? イギリス

■ 信じらんね~~~~~~~~~~~~~ ドイツ

■ こ、これは絶対的に美しい... アメリカ

■ ひゅぅ!アメージング!!! アメリカ

■ レベル日本←今ここ

■ とりあえず、この男の金魚愛が本物だという事は分かった イギリス

■ おい、この金魚フェイクなんだってよ イギリス

  ■ マジ?な、何てこった... チリ

  ■ どうやらそうらしいな、こりゃ本物と間違うのは無理ないよ
    描かれたものだなんてちょっと信じられんわ 日本在住




スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

とても綺麗。生きてるようだ!
夏のインテリアに良いよね。
幾らぐらいで買えるんだろう?

No title

安いもので7万位だったような
一つくらいは持っておきたいな

No title

この間、本物見に行ったよ
低価格を実現する為に数層の作品と
高価だが作家が納得行くまで層を重ねたのとあって
前者はやっぱり絵だとわかる立体感の無さだが
後者は本物にしか見えないくらいリアル
金魚も綺麗だけど、水草や花びら、浮草が見事だったよ

No title

これ、フロア全部の床に同じ技法で書いてほしい。
その上を歩くと水の上を歩いているような気分が味わえるだろうな。
考えるだけで、すごく楽しい。

No title

一番安いの買った
4万の升のやつ
でもそれは升無くなったら、今後は作らないってさ
で、やっぱ安い奴は絵は1層で平面~かわいいけどさ

No title

イクナイボタン押したのはあれが本物の金魚だと思った奴じゃね?
プロフィール

japanasonlyone

Author:japanasonlyone
日本にまつわる海外評を思いっきり意訳しちゃいました。
また日本にまつわる国内ネタも提供していきます。
使い古されたネタも多々ございましょうが、老舗には無い小店舗ならではの味を出していければ良いなと思っております。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
かまわぬ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。